「MPIC」連成解析ソリューション

MPIC動作推奨モデル

 

設計者CAEソリューション MPIC

設計者CAEソリューション MPIC

MPIC は 3D CAD “IRONCAD” のCAEアドインソフトで、高度な連成解析ソルバーAMPSが搭載されています。
設計者向けに統合された対話方式のUIで、簡単に解析設定を行うことができます。
さらに、連成解析、非線形解析など高度な解析にも対応しています。
また、マルチスレッド処理に対応しているので、高速演算が可能です。

 

MPIC詳細リンク

 

機械設計向けCAE「MPIC」推奨モデル


「MPIC」推奨モデル
Windows® 10 Pro 64bit
AMD Ryzen™ Threadripper™ PRO 3975WX(32C | 64T | 3.5GHz | Max4.2GHz | DDR4-3200)
128GB(16GB x8)DDR4-3200 Registered-ECC
500GB M.2 NVMe-SSD(PCI Express Gen4(x))4TB 高耐久 SATA3-HDD
NVIDIA® RTX™ A4000 16GB-GDDR6(PCI Express Gen4(x16)| Display x4)

販売価格 1,246,520 円(税込)

※ 本製品には「IRONCAD」は含まれておりません。「IRONCAD」の価格については、営業担当までお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせ、ご相談は
こちらの専用窓口まで


西日本:06-6838-4123
 東日本:03-5280-9255

 

 

連成解析ソリューション MPICは機械設計向けCAE
応力・熱応力・荷重・ひずみなどを
3D CAD画面のまま素早くシミュレーション

連成解析ソリューション MPICは、機械設計向け3D CAD IRONCADの画面のままでシミュレーション(構造解析、強度解析)できるアドイン型CAEです。
IRONCADと共に、機械設計向けの卓越した性能を有します。
MPICは、IRONCADとの相乗効果で機械設備の解析に圧倒的な効率性を提供します。

動画リンク

 

 

 

機械設計におけるCAEの重要性

工作機械・装置・機械設備・治具などの機械設計(FA設計、メカ設計)の分野にも、応力・熱応力・荷重・ひずみが設計物に問題を引き起こさないかを設計段階でシミュレーションする、「構造解析CAE(強度計算CAE)」が、その必要性を増してきました。 人命に繋がる事故をはじめとするリスクを防ぎたいとする顧客や社内部署の意識が年々高まっており、その波は製造業のグローバル化によってよりいっそう高まっています。

 

 

 

設計者CAEソリューション
MPICの3つの開発思想(3つのマルチ)

  • MPICの特徴
    • マルチフィジックス
      MPICは、マルチフィジックス解析ソフト(応力、熱、電気、流体の連成解析)として開発されています。
      応力、熱、電気、流体の4つの物理タイプがわかりやすく構成されており、簡単な設定を行うだけで、1つの解析ソフトで様々な解析に対応できます。
    • マルチボディ
      単品パーツだけでなく、アセンブリモデルでの解析が可能です。
      さらに、パーツ間の結合、合体オプション、非線形接触解析での自動接触判定など、高度な機能が実装されています。
    • マルチスレッド
      PCに搭載されている使用可能なすべてのコア、スレッドを有効活用して、解析時間を短縮します。

 

 

 

機械設計(FA設計、メカ設計)向けCAEに必要な要素

機械設計(FA設計、メカ設計)は、一品モノ(一品一様)の設計が多いため、設計工数を減らす効率性が大切です。 したがって、同様にCAEソフト(構造解析、強度解析)も効率性が求められます。

必要な要素1:強度を満たした設計の方向性が求めやすいこと

機械設計(FA設計、メカ設計)のCAE(構造解析、強度解析など)では、設計物の強度を満たした設計形状の方向性が、「構想設計のフェーズ」で、かつ「容易に」求められることがとても大切です。
これにより、詳細設計や製造時などの後工程になってはじめて強度不足が見つかり、設計のやり直しとなる事態を防ぐことができます。
※なお、上記を達成するためには、一品一様の機械設計では工数の短さが求められるため、3D CADも構想設計を高速でおこなえる性能が必須です。

必要な要素2:従来のCAEソフトと比べて短時間で操作できること

上記の「必要な要素1」と同様に、機械設計(FA設計、メカ設計)では、従来のCAEソフトのように操作に時間がかかるようでは、いくら性能が良くても現実で使用することはできません。
機械設計では、CAEもソフトウェアの操作が容易であることが欠かせないのです。

必要な要素3:アセンブリ解析が可能なこと

機械設計は機械設備の設計を指し、製品を製造する生産ラインの装置や治具の設計が主たる設計物。だから、色んなパーツを組み合わせた「アセンブリ設計」が頻繁におこなわれ、CAEもアセンブリ状態で解析を実施できる性能が必要です。

必要な要素4:不必要な機能は省き、リーズナブルであること

機械設計CAEに必要な解析機能は、良質なアセンブリ解析機能に加え、「応力や荷重」を検討する基礎的な強度解析の性能です。
また、非線形解析、線形解析ができれば良いことがほとんど。一方でなど、機械設計に必要な構成を組み、リーズナブルであることが大切です。

 

 

 

MPICのメリット

メリット1:解析がCADのままでできる

MPICは3D CADと完全シームレス。機械設計に最適な3D CAD、IRONCADの画面上でそのままCAEをおこなえます。

メリット2:アセンブリモデルも解析できる

エラーが起こりにくいオートメッシャーを搭載しているため、大量のパーツを持つアセンブリモデルも解析が可能。
※CADモデルから解析用モデルへの変更作業は別途必要です。

機械設備の解析例
・パーツ数・・・約430点
・節点数・・・約200万節点

メリット3:ツリー型とロック型のインターフェース

  • ツリー型構成:手順ごとに操作の流れが仕分けされているため、従来品とは違い、操作手順がわかりやすい。
  • ダイヤログボックスなどの設定画面では、ユーザーの目的に無関係な設定項目は自動ロックされ、誤った操作を防止。

メリット4:オートメッシュの生成が速い

簡単な設定でメッシュ生成ができる。メッシュの細かさを好みに調整することも可能。解析計算の前におこなうメッシュの作成が簡単に高速でおこなえます。

  • 従来品の一次要素:計算時間は短いが計算精度が低い。
  • 従来品の二次要素:計算精度は高いが計算時間が長い。
  • MPICの一次要素:Sefea TM 技術によって計算が速く、精度も高い。

メリット5:いつでも手軽に再解析が可能

・再解析1:形状変更
CAD/CAEが同じソフトだから、形状を変更した再解析も即座にできるから、効率的な形状は何か?を速やかに試行錯誤できます。

・再解析2:解析パターン変更
解析パターンを右クリックで複製し、変更したい箇所を更新するだけで別パターンの解析がおこなえます。

・再解析3:抑制
強度の弱点を発見するために弱点に無関係なパーツを選択し、パーツを抑制。弱点箇所が絞り込め、調査が効率化できます。

 

 

 

MPIC詳細リンク

 

お問い合わせ

お問い合わせ、ご相談は
こちらの専用窓口まで


西日本:06-6838-4123
 東日本:03-5280-9255

 

 

HPC 製品 導入実績一覧

 

※敬称略、順不同

琉球大学 国立沖縄工業高等専門学校 名桜大学 沖縄科学技術大学院大学 沖縄国際大学
宮崎大学 宮崎公立大学 鹿児島大学 第一工業大学 鹿児島県立短期大学
鹿児島工業高等専門学校 鹿児島国際大学 鹿屋体育大学 長崎大学 国立佐世保工業高等専門学校
長崎県立大学 大分大学 日本文理大学 大分県立科学大学 大分工業高等専門学校
大分県立芸術文化短期大学 熊本大学 熊本県立大学 国立八代工業高等専門学校 国立熊本工業高等専門学校
九州看護福祉大学 九州大学 佐賀大学 福岡教育大学 福岡女子大学
佐賀大学 国立久留米工業高等専門学校 福岡県立大学 福岡大学 福岡工業大学
久留米工業大学 久留米大学 福岡歯科大学 九州産業大学 近畿大学(福岡キャンパス)
国立有明工業高等専門学校 日本経済大学 九州工業大学 北九州市立大学 産業医科大学
九州歯科大学 国立北九州工業高等専門学校 西日本工業大学 早稲田大学(北九州キャンパス) 山口大学
山口東京理科大学 山口県立大学 国立大島商船高等専門学校 国立宇部工業高等専門学校 島根大学
国立松江工業高等専門学校 鳥取大学 広島大学 県立広島大学 広島工業大学
広島市立大学 近畿大学(広島キャンパス) 呉高専 広島修道大学 尾道市立大学
広島文化学園大学 岡山大学 岡山理科大学 倉敷芸術科学大学 岡山県立大学
川崎医療大学 ノートルダム清心女子大学 岡山商科大学 吉備国際大学 川崎医療福祉大学
就実大学 愛媛大学 愛媛県立医療技術大学 岡山理科大学(今治キャンパス) 国立新居浜工業高等専門学校
国立弓削商船高等専門学校 香川大学 国立香川工業高等専門学校 徳島大学 阿南工業高等専門学校
鳴門教育大学 高知大学 高知工科大学 国立高知工業高等専門学校 高知県立大学
神戸大学 兵庫教育大学 兵庫県立大学 関西学院大学 甲南大学
神戸学院大学 国立明石工業高等専門学校 大阪大学 大阪教育大学 大阪市立大学
大阪府立大学 大阪工業大学 大阪産業大学 大阪電気通信大学 関西大学
近畿大学(本学) 大阪国際大学 摂南大学 大阪薬科大学 大阪医科大学
追手門学院大学 藍野大学 大阪人間科学大学 奈良女子大学 奈良先端科学技術大学院大学
奈良教育大学 奈良県立医科大学 国立奈良工業高等専門学校 和歌山大学 国立和歌山工業高等専門学校
京都大学 京都工芸繊維大学 京都教育大学 京都府立医科大学 京都府立大学
京都産業大学 立命館大学 京都先端科学大学 京都女子大学 京都橘大学
京都薬科大学 同志社大学 佛教大学 龍谷大学 京都市立芸術大学
国立舞鶴工業高等専門学校 滋賀大学 滋賀県立大学 滋賀医科大学 三重大学
国立鈴鹿工業高等専門学校 名古屋大学 名古屋工業大学 豊橋技術科学大学 愛知県立大学
愛知工業大学 中京大学 豊田工業大学 南山大学 中部大学
愛知教育大学 名古屋市立大学 愛知医科大学 愛知学院大学 大同学園
静岡大学 浜松医科大学 静岡県立大学 静岡文化芸術大学 国立遺伝学研究所
静岡理工科大学 岐阜大学 自然科学研究機構 核融合科学研究所 国立岐阜工業高等専門学校
岐阜薬科大学 朝日大学 信州大学 国立長野工業高等専門学校 山梨大学
山梨学院大学 都留文科大学 福井大学 金沢大学 石川県立大学
北陸先端科学技術大学院大学 北陸大学 金沢工業大学 富山大学 富山県立大学
新潟大学 長岡技術科学大学 上越教育大学 新潟県立看護大学 国立長岡工業高等専門学校
横浜国立大学 防衛大学校 横浜市立大学 北里大学 神奈川大学
関東学院大学 神奈川県立保健福祉大学 東京大学 東京医科歯科大学 東京海洋大学
一橋大学 電気通信大学 東京工業大学 北里大学 東京農工大学
東京都立大学 青山学院大学 國學院大學 駒沢大学 順天堂大学
専修大学 帝京大学 東京未来大学 東京理科大学 日本大学
明治大学 明星大学 学習院大学 慶応義塾大学 上智大学
創価大学 大東文化大学 中央大学 東海大学 東京医科大学
法政大学 立教大学 早稲田大学 お茶の水女子大学 国立情報学研究所
東京学芸大学 東京外国語大学 国立東京工業専門学校 桜美林大学 工学院大学
関東学院大学 国際基督教大学 成蹊大学 芝浦工業大学 成城大学
昭和薬科大学 東京電機大学 東洋大学 獨協医科大学 拓殖大学
東京工科大学 津田塾大学 帝京平成大学 獨協大学 千葉大学
千葉工業大学 国立木更津工業高等専門学校 埼玉大学 防衛医科大学校 跡見学園女子大学
埼玉工業大学 ものつくり大学 群馬大学 国立群馬工業高等専門学校 宇都宮大学
自治医科大学 国立小山工業高等専門学校 筑波大学 茨城大学 筑波技術大学
茨城工業高等専門学校 高エネルギー加速器研究機構 物質材料研究機構 国立環境研究所 建築研究所
理化学研究所 土木研究所 産業技術総合研究所 会津大学 福島県立医科大学
国立福島工業高等専門学校 山形大学 秋田大学 秋田県立大学 東北大学
宮城大学 宮城教育大学 東北工業大学 岩手大学 岩手県立大学
一関工業高等専門学校 岩手医科大学 弘前大学 国立八戸工業高等専門学校 北海道大学
公立はこだて未来大学 小樽商科大学 帯広畜産大学 北見工業大学 国立釧路工業高等専門学校
札幌医科大学 国立苫小牧工業高等専門学校 国立函館工業高等専門学校