「CLAVI」良品をもとに不良品を検出するAI外観検査

CLAVI動作推奨モデル

 

人間の目を代行するクラウドAIシステム

人間の目を代行するクラウドAIシステム

CLAVI は Cloud, AI, Vision という本製品の3 つのキーワードに因んでいます。

CLAVI を利用することで以下の 4 つが達成できます。
人間の目でしか対処できなかった問題の解決 このような問題 (Vision Problem) を得意とする AI をCLAVI 上に構築することで上記の問題を解決します。ユーザ自身がアプリを容易に作成可能 CLAVI は知識のないユーザでも容易に AI を作成できる環境を用意しています。

ユーザは自身の要求を満たすアプリを自身で作成できます。作成したアプリはどのような場所でも使用可能 クラウド上に構築された (on Cloud) CLAVI はネットワークを利用できる環境であれば,どのような場所からでも利用することができます。

 

 

「CLAVI」人間の目を代行するクラウドAIシステム

事前検証したい方向けに最適
Microsoft® Windows® 10 Pro 64bit
インテル® Core™ i7-12700 プロセッサー
16GB(8GB x2) DDR4-3200 | Unbuffered | Non-ECC
500GB SATA3-SSD
インテル® UHD グラフィックス

販売価格 159,500 円(税込)

学習と推論を兼用可能な標準構成
Microsoft® Windows® 10 Pro 64bit
インテル® Core™ i5-12400 プロセッサー
32GB(16GB x2) DDR4-3200 | Unbuffered | Non-ECC
500GB SATA3-SSD
インテル® UHD グラフィックス

販売価格 139,700 円(税込)

推論では2基のGPUを利用可能
Microsoft® Windows® 10 Pro 64bit
インテル® Core™ i5-12400 プロセッサー
16GB(8GB x2) DDR4-3200 | Unbuffered | Non-ECC
500GB SATA3-SSD
インテル® UHD グラフィックス

販売価格 129,800 円(税込)

お問い合わせ

お問い合わせ、ご相談は
こちらの専用窓口まで


西日本:06-6838-4123
 東日本:03-5280-9255

 

 

CLAVI

人間の目を代行するクラウドAIシステム

CLAVIとは

CLAVI は Cloud, AI, Vision という本製品の3 つのキーワードに因んでいます。 CLAVI を利用することで以下の 4 つが達成できます。
人間の目でしか対処できなかった問題の解決
このような問題 (Vision Problem) を得意とする AI をCLAVI 上に構築することで上記の問題を解決します。
ユーザ自身がアプリを容易に作成可能
CLAVI は知識のないユーザでも容易に AI を作成できる環境を用意しています。ユーザは自身の要求を満たすアプリを自身で作成できます。
作成したアプリはどのような場所でも使用可能
クラウド上に構築された (on Cloud) CLAVI はネットワークを利用できる環境であれば,どのような場所からでも利用することができます。
作成したアプリはモバイルからでも使用可能
ユーザはスマートフォンなどのモバイル端末を用いて、AIを作成し、リアルタイムでAIを利用することができます。ただし、現在はAndroidのみ動作可能。iOS版は開発中。

CLAVI人間の目を代行するクラウドAIシステム

 

CLAVI上で作成したアプリ

ユーザはCLAVIを用いて、以下のようなアプリを作成することが出来ます。

図1:名刺の欠陥検出アプリ

図1:名刺の欠陥検出アプリ

図2:画面内にいる人を検出するアプリ

図2:画面内にいる人を検出するアプリ

図3:画像内にいる人を検出するアプリ

図3:画像内にいる人を検出するアプリ

 

 

CLAVIでアプリを開発するためのワークフロー


CLAVI上では以下のようなプロセスを回してアプリを開発します。
・AIを作成するために必要なデータの収集(Collecting Date)
・データをCLAVIサーバーにアップロード(Storing Date)
・データを分類してタグ付け(ex.OK,NG)(Labeling)
・AIの作成(Training)
・作成したAIの性能をテスト(Testing)
・AIで問題の解決(Solving Problem)

専門化し続けるAI翻訳エンジン

 

以下ではCLAVI上での開発の一部を取り上げます。

図4:データをアップロード

図4:データをアップロード

図5:データを分類してタグ付け。猫とそうでないものを分類し、それらにタグ付けを行う。

図5:データを分類してタグ付け。猫とそうでないものを分類し、それらにタグ付けを行う。

図6:AIの作成。円グラフはタグ付けしたデータを一覧にして表示し、そのデータ量の比率を百分率で表示している。

図6:AIの作成。円グラフはタグ付けしたデータを一覧にして表示し、そのデータ量の比率を百分率で表示している。

 

 

CLAVIを利用したアプリ

三密検知アプリ

今世界中で大流行しているコロナウイルスによる集団感染を防ぐためには、3つの密(換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近での会話や発生をする密接場所)を防ぐことが重要だと言われています。人が密集した場所はAIを用いて検知することができるので、人の密集を防止するためのアプリを三密検知アプリとして開発しました。

三密検知アプリの機能

三密検知アプリは以下の機能を持ちます。
・エリア内での人の数と混雑具合の表示
・エリア内の人をより分かりやすく表示
・人が密になっている場所を強調して表示
・検出した人にフィルターをかける機能

三密検知アプリの利用例(関門海峡ミュージアムでの利用)

2020年7月10日に北九州市の「関門海峡ミュージアム」へコロナウイルス感染防止のための三密対策のために、CLAVIが市の三密アプリの実証実験として導入されました。
このアプリは既存の監視カメラを用いて施設内にいる人をAIによって検知し、どのエリアに人が密集しているのかという情報を施設内のサイネージやスマホから確認できます。これによって、利用者や施設の職員は三密を防止し、安全に施設内を回ることが出来るようになります。
また、上記にあるように三密検知アプリはプライパシー保護の観点から、人を検出した際に図7のようにフィルターをかけて、個人の特定が出来ないようにしています。施設の利用者は安心して三密検知アプリを利用できます。

図7:認識した人の足下を赤色で塗っている。

図7:認識した人の足下を赤色で塗っている。

図8:認識した人の足下を赤色で塗っている。混雑した場所は赤色がより濃い色になる。

図8:認識した人の足下を赤色で塗っている。混雑した場所は赤色がより濃い色になる。

顔認識アプリ

CLAVIは物体検出機能の応用で顔認識アプリも開発しています。この認識アプリの特徴は導入の際、大量のデータと長時間の学習処理を必要としないことです。認識したい顔の写真を何枚か撮るだけで、高精度の顔認識を利用できます。また、この機能を利用するのに高価なデバイスを必要としません。カメラ付きスマホ、またはラズペリーバイといった安価なデバイスで動作します。そのため、顔認識アプリを導入することで、システムの導入コストを抑えることができます。

顔認識アプリの機能

現在、顔認識アプリは以下の機能を持ちます。
・認識したい顔と名前の登録、削除
・登録した顔の認識

 

欠陥検出アプリ

CLAVIの物体検出機能はある特定の物体の検出だけではなく、複数の異なる物体も検出可能です。これによって、CLAVIを利用した製品の欠陥検出が可能になります。

欠陥検出アプリの機能

欠陥検出アプリは以下の機能を持ちます。
・名刺の汚れの検出
・名刺の折れ曲がった部分の検出
・名刺についた傷の検出
・検出した欠陥の欠陥具合を数値で表示。

図9:名刺についた汚れはblob、名刺の折れ曲がった部分はwtinkleと欠陥具合と共に表示されている。

図9:名刺についた汚れはblob、名刺の折れ曲がった部分はwtinkleと欠陥具合と共に表示されている。

図10:名刺についた汚れはblob、名刺の折れ曲がった部分はwtinkle、名刺についた傷はscratchと欠陥具合と共に表示されている。

図10:名刺についた汚れはblob、名刺の折れ曲がった部分はwtinkle、名刺についた傷はscratchと欠陥具合と共に表示されている。

株式会社リョーワ
CLAVI詳細リンク
お問い合わせ

お問い合わせ、ご相談は
こちらの専用窓口まで


西日本:06-6838-4123
 東日本:03-5280-9255

 

 

HPC 製品 導入実績一覧

 

※敬称略、順不同

琉球大学 国立沖縄工業高等専門学校 名桜大学 沖縄科学技術大学院大学 沖縄国際大学
宮崎大学 宮崎公立大学 鹿児島大学 第一工業大学 鹿児島県立短期大学
鹿児島工業高等専門学校 鹿児島国際大学 鹿屋体育大学 長崎大学 国立佐世保工業高等専門学校
長崎県立大学 大分大学 日本文理大学 大分県立科学大学 大分工業高等専門学校
大分県立芸術文化短期大学 熊本大学 熊本県立大学 国立八代工業高等専門学校 国立熊本工業高等専門学校
九州看護福祉大学 九州大学 佐賀大学 福岡教育大学 福岡女子大学
佐賀大学 国立久留米工業高等専門学校 福岡県立大学 福岡大学 福岡工業大学
久留米工業大学 久留米大学 福岡歯科大学 九州産業大学 近畿大学(福岡キャンパス)
国立有明工業高等専門学校 日本経済大学 九州工業大学 北九州市立大学 産業医科大学
九州歯科大学 国立北九州工業高等専門学校 西日本工業大学 早稲田大学(北九州キャンパス) 山口大学
山口東京理科大学 山口県立大学 国立大島商船高等専門学校 国立宇部工業高等専門学校 島根大学
国立松江工業高等専門学校 鳥取大学 広島大学 県立広島大学 広島工業大学
広島市立大学 近畿大学(広島キャンパス) 呉高専 広島修道大学 尾道市立大学
広島文化学園大学 岡山大学 岡山理科大学 倉敷芸術科学大学 岡山県立大学
川崎医療大学 ノートルダム清心女子大学 岡山商科大学 吉備国際大学 川崎医療福祉大学
就実大学 愛媛大学 愛媛県立医療技術大学 岡山理科大学(今治キャンパス) 国立新居浜工業高等専門学校
国立弓削商船高等専門学校 香川大学 国立香川工業高等専門学校 徳島大学 阿南工業高等専門学校
鳴門教育大学 高知大学 高知工科大学 国立高知工業高等専門学校 高知県立大学
神戸大学 兵庫教育大学 兵庫県立大学 関西学院大学 甲南大学
神戸学院大学 国立明石工業高等専門学校 大阪大学 大阪教育大学 大阪市立大学
大阪府立大学 大阪工業大学 大阪産業大学 大阪電気通信大学 関西大学
近畿大学(本学) 大阪国際大学 摂南大学 大阪薬科大学 大阪医科大学
追手門学院大学 藍野大学 大阪人間科学大学 奈良女子大学 奈良先端科学技術大学院大学
奈良教育大学 奈良県立医科大学 国立奈良工業高等専門学校 和歌山大学 国立和歌山工業高等専門学校
京都大学 京都工芸繊維大学 京都教育大学 京都府立医科大学 京都府立大学
京都産業大学 立命館大学 京都先端科学大学 京都女子大学 京都橘大学
京都薬科大学 同志社大学 佛教大学 龍谷大学 京都市立芸術大学
国立舞鶴工業高等専門学校 滋賀大学 滋賀県立大学 滋賀医科大学 三重大学
国立鈴鹿工業高等専門学校 名古屋大学 名古屋工業大学 豊橋技術科学大学 愛知県立大学
愛知工業大学 中京大学 豊田工業大学 南山大学 中部大学
愛知教育大学 名古屋市立大学 愛知医科大学 愛知学院大学 大同学園
静岡大学 浜松医科大学 静岡県立大学 静岡文化芸術大学 国立遺伝学研究所
静岡理工科大学 岐阜大学 自然科学研究機構 核融合科学研究所 国立岐阜工業高等専門学校
岐阜薬科大学 朝日大学 信州大学 国立長野工業高等専門学校 山梨大学
山梨学院大学 都留文科大学 福井大学 金沢大学 石川県立大学
北陸先端科学技術大学院大学 北陸大学 金沢工業大学 富山大学 富山県立大学
新潟大学 長岡技術科学大学 上越教育大学 新潟県立看護大学 国立長岡工業高等専門学校
横浜国立大学 防衛大学校 横浜市立大学 北里大学 神奈川大学
関東学院大学 神奈川県立保健福祉大学 東京大学 東京医科歯科大学 東京海洋大学
一橋大学 電気通信大学 東京工業大学 北里大学 東京農工大学
東京都立大学 青山学院大学 國學院大學 駒沢大学 順天堂大学
専修大学 帝京大学 東京未来大学 東京理科大学 日本大学
明治大学 明星大学 学習院大学 慶応義塾大学 上智大学
創価大学 大東文化大学 中央大学 東海大学 東京医科大学
法政大学 立教大学 早稲田大学 お茶の水女子大学 国立情報学研究所
東京学芸大学 東京外国語大学 国立東京工業専門学校 桜美林大学 工学院大学
関東学院大学 国際基督教大学 成蹊大学 芝浦工業大学 成城大学
昭和薬科大学 東京電機大学 東洋大学 獨協医科大学 拓殖大学
東京工科大学 津田塾大学 帝京平成大学 獨協大学 千葉大学
千葉工業大学 国立木更津工業高等専門学校 埼玉大学 防衛医科大学校 跡見学園女子大学
埼玉工業大学 ものつくり大学 群馬大学 国立群馬工業高等専門学校 宇都宮大学
自治医科大学 国立小山工業高等専門学校 筑波大学 茨城大学 筑波技術大学
茨城工業高等専門学校 高エネルギー加速器研究機構 物質材料研究機構 国立環境研究所 建築研究所
理化学研究所 土木研究所 産業技術総合研究所 会津大学 福島県立医科大学
国立福島工業高等専門学校 山形大学 秋田大学 秋田県立大学 東北大学
宮城大学 宮城教育大学 東北工業大学 岩手大学 岩手県立大学
一関工業高等専門学校 岩手医科大学 弘前大学 国立八戸工業高等専門学校 北海道大学
公立はこだて未来大学 小樽商科大学 帯広畜産大学 北見工業大学 国立釧路工業高等専門学校
札幌医科大学 国立苫小牧工業高等専門学校 国立函館工業高等専門学校